第4回 狭山事件と部落問題

冤罪による31年7ヵ月の獄中生活

あらゆる差別のない社会の実現へ

冤罪の狭山事件

 皆さんは、「狭山事件」をご存じでしょうか? 諸先輩の皆さんは、冤罪(えんざい)事件としてよくご存じかと思います。

狭山事件の再審を求める市民集会

 「狭山事件」は、1963年5月、埼玉県狭山市で起きた女子高校生殺害事件です。警察は、身代金の受け渡し現場で犯人を取り逃がし、女子高校生は、遺体で発見されます。厳しい批判を受けた警察は、被差別部落の青年・石川一雄さんを別件逮捕。石川さんは、厳しい取り調べと脅迫によって「自白」をさせられ有罪判決から46年、冤罪で31年7ヵ月にも及ぶ獄中生活を経て、今でも無実を訴えています。

集会後のデモ行進

部落問題と差別

 一方、1970年代には、企業が、採用にあたって部落出身者を差別している実態が判明しました。1975年11月、『部落地名総監(全国の部落の新・旧地名等を記載)』が企業に販売されていたのです。

 このような背景の中、部落解放・人権擁護のために、1975年、労働組合が部落解放中央共闘会議を結成。全電通(NTT労組)は当初から今日まで共闘会議に参画しています。当時の資料をひもとくと、全国の各職場で、部落問題の学習会や意識啓発に取り組む等、自らの課題として積極的に取り組まれていました。

 私自身も、小学校で被差別部落について学びました。部落出身者は、好きになった人と結婚できないとか、自分の希望する仕事に就けないという話を聞いたり、町中にあふれる差別的な落書きの写真を見るにつけ、「差別をしてはいけない」と小学生ながら心に刻んだものでした。

 今も、部落差別をはじめ、あらゆる差別を撤廃しなければいけないと強く思っています。しかし、日常生活で、偏見等による差別をしていないとは言いきれません。いま一度、自分自身を振り返って反省しつつ、あらゆる差別のない社会の実現へ、微力ながら努力していきます。

中央本部・中野富夫交渉政策部長